ノーベル賞の面白い雑学

世界的に権威が高い賞とされるノーベル賞。受賞するためには人類には到底不可能であろう功績を残す必要があります。ノーベル賞では多くの方がご存知ない儀式を行っているのです。その儀式について今回紹介していきたいと思います。
愉快な恒例儀式。ノーベル賞の授賞式はダイナマイトを発明したことで知られるアルフレッド・ノーベルの命日である12月10日にスウェーデンのストックホルムのコンサートホールで行われます。その日に賞金等がノーベル賞受賞者に対して渡されるのです。
授賞式の後は晩餐会が開かれます。こちらの晩餐会では蛙跳びが行われるのです。蛙跳びをした人は蛙跳びしようと言うものもらえるようです。しかしながらなぜこんな愉快な晩餐会が取り上げられていないでしょうか?どうやらこのばんさいからメディアは入ることができないようなのです。そういった理由で蛙跳びをお目にかかることができないわけですね。
お堅いイメージのある学者たちのユーモアある姿は一度は見てみたいものです。いちどでいいから、ノーベル化学賞を受賞した人たちが蛙跳びをしている姿を見てみたいものですね。ノーベル賞受賞者の人たちは岡田イメージがありますが、本当は柔らかい雰囲気の人たちなのかもしれませんね