執念が欲しいものを引きつける

欲しいものがあれば、執念を持たないといけない。勝利するための絶対条件が執念なのだ。これは間違いない。私が今まで手に入れたもののほとんどは、執念を持っていたものだ。逆に、執念のないものは手に入らなかった。どうしても叶えたいことでなければ、かなわないのだ。私が執念を感じているとき、そうなったときの未来を想像することが頻繁にある。それが執念の合図なのだ。執念があれば、かならず良いチャンスに巡り合える。そして、日頃から努力をしていればそのチャンスをつかみとれるのだ。私は今まで、そのようにしてチャンスを手に入れてきた。チャンスを掴めない人は、だいたいが努力を重ねていないのである。努力を重ねていれば、執念がわいてくる。つまり、執念がわいてくるということは、努力をしている証拠なのだ。私が過去に手に入れてきたものは、執念を持つほど努力をしていたことだ。私は今、ものすごく手に入れたいものがある。それを何としても手に入れるため、今こうして努力をしている。半年前からものすごい努力を積み重ねている。その努力はきっといつか実を結ぶはずなのである。3年後か、あるいは5年後かもしれない。それでも、かなわない人生と比べたら何億倍も幸せなのである。