FX の仕方

株式投資と比べる と通貨 のトレード の場合は銘柄が少ないので、基本的にどの通貨 で取引き してもある程度 は流通性があるものですね。 収益 、損失 を出したらその理由を明確にし、次回のトレード から活かしていきたいですね。

スローストキャスティクスという指標は、もみ合い相場での利用 に長所 がありますから、わりと 大切 だといえます。 ドル円はたいていは わりに 推移 が緩やかですから 、レバレッジは3倍から4倍程度でいいと思います 。

ロス の回数が少ないとホントに 心理的には楽になりますが、大事 なのは回数ではなくてマイナス の額だと思います。 FX でおおきくロス を出す投資家 の特性 は、原因 なくレート がリカバリーする だろうという期待を抱くことでしょう 。ロスカットは大切 です。

FX情報商材